小学校児童の個人情報が記載された「児童調査書」を紛失(大阪市) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

小学校児童の個人情報が記載された「児童調査書」を紛失(大阪市)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

大阪市は4月26日、大阪市立加美北小学校において児童の個人情報が記載された「児童調査書」を紛失していたことが判明したと発表した。これは4月23日16時30分頃、1年2組担任が「児童調査書」を使用するために保管場所(職員室内教頭席後ろのロッカー)を見たところ、「児童調査書」が見当たらなかったというもの。捜索範囲を広げて全教職員で探しても発見できず、4月26日に警察署へ遺失届を提出した。

紛失した児童調査書は1年2組の27名分で、調査書には氏名、性別、生年月日、現住所、保護者氏名、緊急時の連絡先、かかりつけの医師や病院、家族構成、家から学校までの道順などが記載されていた。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×