ビッグデータを解析し精度を高める認証ソリューション(EMCジャパン) | ScanNetSecurity
2019.10.21(月)

ビッグデータを解析し精度を高める認証ソリューション(EMCジャパン)

EMCジャパンは、認証ソリューションの最新版としてバーチャルアプライアンス「RSA Authentication Manager 8」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
EMCジャパン株式会社は5月7日、認証ソリューションの最新版としてバーチャルアプライアンス「RSA Authentication Manager 8」を発表した。最新版では、新たにユーザに属する複数の情報を分析して認証リスクを判定するリスクベース認証機能を搭載している。リスクベース認証は、ユーザのデバイス情報や行動パターンをはじめとする複数の要素を用いてリスクを判定し、認証の可否を決定する認証方式。

ユーザは、日頃使用しているIDと固定パスワードを用いるので利便性が高く、しかも、多要素で判定するため強固な認証が可能。リスク判定に用いられるリスクエンジンはユーザのデバイスや行動パターンに関連して、1ユーザあたり100種類以上の情報をビッグデータとして蓄積、自己学習して判定の精度を高めていく。最新版ではこのほか、管理者向けのダッシュボード画面の提供や仮想化環境への対応、IPv6への対応などが行われている。参考価格は、リスクベース認証も使用する場合で53万円(25ユーザ)。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×