CISPA 論争:情報セキュリティ社のボス「スラーピングされた市民のデータは巨大なハッキングのターゲットだ」~米国によるサイバースパイの宝庫が、悪党への究極のトロフィに(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.26(月)

CISPA 論争:情報セキュリティ社のボス「スラーピングされた市民のデータは巨大なハッキングのターゲットだ」~米国によるサイバースパイの宝庫が、悪党への究極のトロフィに(The Register)

国際 TheRegister

セキュリティツール会社 Imperva の研究によると、実際に行われている攻撃の一般的なパターンを識別する能力は、クラウドソーシングの脅威を理解するうえで非常に有益なものであるという。

その報告書が届けられたのは、まさに米国で新しいサイバーセキュリティ法 Cyber Intelligence Sharing and Protection Act(CISPA)に対する激論が交わされるのと同じ時分だった。

だが、そのセキュリティ会社の CEO は、この法がいくつかの問題――それは政府の情報が集まる場所へ大きな『Hack Me』の看板を掲げることに少なからず似ている――を生じさせるかもしれないと語った…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×