CISPA 論争:情報セキュリティ社のボス「スラーピングされた市民のデータは巨大なハッキングのターゲットだ」~米国によるサイバースパイの宝庫が、悪党への究極のトロフィに(The Register) | ScanNetSecurity
2020.06.01(月)

CISPA 論争:情報セキュリティ社のボス「スラーピングされた市民のデータは巨大なハッキングのターゲットだ」~米国によるサイバースパイの宝庫が、悪党への究極のトロフィに(The Register)

さらに CISPA の批判者たちは、この法律について、政府と民間事業者がプライベートデータを含む情報を司法の監督なく共有するためのメカニズムを作るものだと主張している。

国際 TheRegister
セキュリティツール会社 Imperva の研究によると、実際に行われている攻撃の一般的なパターンを識別する能力は、クラウドソーシングの脅威を理解するうえで非常に有益なものであるという。

その報告書が届けられたのは、まさに米国で新しいサイバーセキュリティ法 Cyber Intelligence Sharing and Protection Act(CISPA)に対する激論が交わされるのと同じ時分だった。

だが、そのセキュリティ会社の CEO は、この法がいくつかの問題――それは政府の情報が集まる場所へ大きな『Hack Me』の看板を掲げることに少なからず似ている――を生じさせるかもしれないと語った…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×