Firefox、スパイ活動への関与が疑われる TeliaSonera に死刑宣告の脅迫~Mozilla はテレコムの巨人による新しい SSL 証明書を拒否するかもしれない(その 1)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.18(木)

Firefox、スパイ活動への関与が疑われる TeliaSonera に死刑宣告の脅迫~Mozilla はテレコムの巨人による新しい SSL 証明書を拒否するかもしれない(その 1)(The Register)

国際 TheRegister

Firefox メーカーの Mozilla が、TeliaSonera の SSL ビジネスへ「死刑宣告」を発したかもしれない。それは、そのテレコム大手が独裁者にオーウェル的な監視テクノロジーを売ったという申し立てに対する処置だ。

その罰は同社にとって苛立たしい打撃となるだろう: TeliaSonera によって HTTPS の暗号化が検証されるウェブサイトは、Firefox ユーザーたち(世界中のウェブサーファーの 5 分の 1 に該当する)から効果的に遮断されることになるのだ…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子)
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×