SCADA ハニーポットが国際的なハッカーたちの群れを引き付ける~「産業制御システム」は米国、中国、そして……えぇと、ラオスからの攻撃に直面する(その 2)(The Register) | ScanNetSecurity
2019.10.17(木)

SCADA ハニーポットが国際的なハッカーたちの群れを引き付ける~「産業制御システム」は米国、中国、そして……えぇと、ラオスからの攻撃に直面する(その 2)(The Register)

Tofino Security によると、任意のパッチが制御システムの安全性または信頼性へ影響を及ぼす可能性は 12 分の 1 の確率で存在している。さらに、報告された制御システム製品の脆弱性を修正するためのパッチが故障する確率は 60 パーセントにも及ぶ。

国際 TheRegister
●これらのシステムは、かつてベルトコンベアの横のコンピュータ一台から実行されていた

Wilhoitは先週の金曜(編集部註:3 月 15日)、オランダのアムステルダムで開かれた BlackHat Europe カンファレンスで研究を発表した。

「このトレンドマイクロの研究は、攻撃者たちが、産業制御デバイスを分析し影響を与えるのに充分な知識を持っていることを示唆している」。トレンドマイクロの CTO である Raimund Genes は語った。「これはインフラ産業のオペレータたちが各自のシステムの安全性を確認し、それらのシステムがインターネットに接続したネットワークから適切に遮断されていることを確認するよう警鐘を鳴らすものだ。この研究はまた、これらの攻撃がありふれた容疑者たちによるものだけではなく、あなたの裏庭でも起こる攻撃だということを示している」

SCADA システムはマドリードのメトロ駅のエスカレーターから、マリの乳製品工場、イランのウラン濃縮遠心分離機まで、あらゆるものを制御している…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子)

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×