マネージドファイアウォールサービスに、アプリ制御が可能な次世代FW(IIJ) | ScanNetSecurity
2020.10.26(月)

マネージドファイアウォールサービスに、アプリ制御が可能な次世代FW(IIJ)

IIJは、「IIJマネージドファイアウォールサービス」の新品目として、パロアルトネットワークス社の次世代ファイアウォール「Palo Alto Networks PAシリーズ」を追加、提供開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は4月2日、「IIJマネージドファイアウォールサービス」の新品目として、パロアルトネットワークス社の次世代ファイアウォール「Palo Alto Networks PAシリーズ」を追加、同日より提供開始したと発表した。IIJマネージドファイアウォールサービスは、ユーザの社内に設置したファイアウォール機器をIIJの専門エンジニアがリモートから運用管理するサービス。

ファイアウォール機器のレンタルおよび設定から運用、監視、保守までをIIJが一貫して行うことにより、ユーザのネットワーク環境をあらゆる脅威から防御する。Palo Alto Networks PAシリーズをラインナップに追加することで、アプリケーションを自動的に識別し、企業ポリシーに応じたアクセス制御を行うことが可能になる。また、社内の認証サーバと連携させることでユーザごとのアプリケーション利用状況を可視化し、アクセス権をコントロールできる。さらに、アプリケーションを介した脆弱性攻撃、マルウェア感染、情報漏えいといったセキュリティ脅威をリアルタイムに防御し、セキュリティ強化を実現する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×