全国約140名の「サイバー攻撃特別捜査隊」を設置(警察庁) | ScanNetSecurity
2021.12.07(火)

全国約140名の「サイバー攻撃特別捜査隊」を設置(警察庁)

警察庁は、サイバー攻撃対策の強化を目的に警備局長・情報通信局長連名通達「サイバー攻撃特別捜査隊設置要綱」を発出、都道府県警察におけるサイバー攻撃対策の推進体制を強化すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
警察庁は3月28日、サイバー攻撃対策の強化を目的に警備局長・情報通信局長連名通達「サイバー攻撃特別捜査隊設置要綱」を発出、都道府県警察におけるサイバー攻撃対策の推進体制を強化すると発表した。4月1日付けで、管区警察局所在県を中心とする13都道府県警察(北海道、宮城、警視庁、茨城、埼玉、神奈川、愛知、京都、大阪、兵庫、広島、香川、福岡)において、警視総監および道府県警察本部長が公安部又は警備部に「サイバー攻撃特別捜査隊」を設置。全国で約140名の専従捜査員が対策を推進する体制を構築する。

サイバー攻撃特別捜査隊の任務は、サイバー攻撃から個人の生命、身体および財産を保護し、公共の安全と秩序を維持するため、「サイバー攻撃に関する警備情報の収集、整理その他サイバー攻撃に関する警備情報に関すること」「サイバー攻撃に関する警備犯罪の予防・捜査に関すること」に関する業務を遂行すること。従来の捜査員のほか、情報通信部門・生活安全部門との人事交流、民間企業の技術者の中途採用、サイバーテロ対策専科の修了者などを登用し、情報通信技術に専門的な知見を有する職員を確保する。また、語学能力(英・中・韓・露など)を有する捜査員を登用し、外国からのサイバー攻撃に関する情報収集を行う体制を構築するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×