オーストラリアの中央銀行「中国によるハッキング」のレポートを一蹴~「攻撃はあったがデータ損害はない」準備銀行は語る(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

オーストラリアの中央銀行「中国によるハッキング」のレポートを一蹴~「攻撃はあったがデータ損害はない」準備銀行は語る(The Register)

国際 TheRegister

Australian Financial Review が、オーストラリアの Reserve Bank について以下のように主張した。「……この銀行のコンピュータネットワークは、機密情報へと侵入するためのサイバー攻撃を、成功裏に繰り返し受けている。この攻撃には、中国が開発した悪意あるソフトウェアによるものが含まれている」。その後、Reserve Bank は自身が攻撃を受けていることを明確にした。

The Reserve Bank (RBA、オーストラリア準備銀行)は、オーストラリアの中央銀行であり、Bank of England や the US Federal Reserve と同等の広い役割を担っている…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子)

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×