【Pwn2Own】IE 10、Firefox、Chrome、Reader、Java のハッキングに支払われた賞金は 50 万ドル以上に~ Google Chrome OS、セキュリティコンテストの攻撃に耐える(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

【Pwn2Own】IE 10、Firefox、Chrome、Reader、Java のハッキングに支払われた賞金は 50 万ドル以上に~ Google Chrome OS、セキュリティコンテストの攻撃に耐える(The Register)

国際 TheRegister

毎年恒例の Pwn2Own コンテストで、人気のソフトウェアのセキュリティホールを利用したエクスプロイトアワードの応募者たちは、50 万ドルあまりの賞金をあっさりと手に入れた。それにより Microsoft、Google、Adobe、Mozilla、そして Oracle のプログラマたちは設計の練り直しにあたることとなった。

この年、バンクーバーで開かれた CanSecWest セキュリティカンファレンスの参加者たちには、二つのハッキングコンテストの選択肢が与えられた。一つは Internet Explorer 10、Firefox、Chrome、Java、Adobe Reader および Flash を狙った伝統的な Pwn2Own トライアル。もう一つは、Google 社自身による Pwnium コンテスト――今回は Chrome OS のクラッキングに焦点が当てられたもの――だった…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子)
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×