米国がワースト1、全体的に前回から大きな順位変動--スパム送信国(ソフォス) | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

米国がワースト1、全体的に前回から大きな順位変動--スパム送信国(ソフォス)

ソフォスは、2012年12月から2013年2月のスパム送信国ワースト12に関する最新のレポートを発表した。米国がワースト1位で世界最大のスパム送信国となっている。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
ソフォス株式会社は3月12日、2012年12月から2013年2月のスパム送信国ワースト12に関する最新のレポートを発表した。レポートによると、米国がワースト1位で世界最大のスパム送信国となった。現在、SophosLabsのグローバルネットワークで取得された全スパムの約20%が米国から送信されている。2012年の後半に1位であったインドは今回3位となり、前回10位であった中国が2位へと大きく順位を上げた。

この結果は、多くのスパマーが米国に移り住んだということではなく、米国にあるコンピュータを簡単に乗っ取ることができたということを意味している。ランキングは、1位が米国(18.3%)、2位が中国(8.3%)、3位がインド(4.2%)、4位がペルー(4.0%)、5位がフランス、韓国、イタリア(ともに3.4%)、8位が台湾、ロシア(ともに2.9%)、10位がスペイン(2.8%)、11位がドイツ(2.7%)、12位がイラン(2.6%)と前回より大幅な順位変動があった。その他は41.1%で、日本は0.8%で31位。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×