組込みソフトウェア開発を対象としたバグ管理の手法やポイント(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

組込みソフトウェア開発を対象としたバグ管理の手法やポイント(IPA)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター(SEC)は3月8日、組込みソフトウェアの開発を対象とした「組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め[バグ管理手法編]」を発行し、書籍の販売とPDFデータの公開を開始したと発表した。本書は、バグ管理先進企業の協力を得て、テスト工程におけるバグ管理の方法についてまとめたもの。これまで幅広く組込みソフトウェア開発に利用できるような管理項目、目的、プロセス等を説明した日本語の標準的なガイドはなかった。

組込みシステムにおけるテスト工程でのバグ管理の重要性や、システム利用環境下での自然現象の考慮など、組込みシステムならではの事情を踏まえたバグ管理の方法のほか、バグ管理を行う上でのさまざまな課題を解決するための、考え・手法・工夫・基準等を整理しまとめている。また、高品質化への要求と製品価格・納期に対する要求を両立させたバグ管理を行うための手法やポイントを具体的な事例をもとに紹介している。書籍版は500円、PDFデータは無償でダウンロードできる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×