日本政府、標的型攻撃を学ぶための APT データベースを構築中~攻撃者の手口の理解と、米国との情報共有を望む考え(The Register) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

日本政府、標的型攻撃を学ぶための APT データベースを構築中~攻撃者の手口の理解と、米国との情報共有を望む考え(The Register)

日本は標的型サイバー攻撃に対応するゲームで、僅かに遅れを取ったかもしれない。しかし、国境の外――とりわけ三菱への攻撃に関連していた、すぐ近くの中国―――に成長している脅威がある中、失われた時間を取り戻そうと全力を尽くしている。

国際 TheRegister
標的型サイバー攻撃による脅威の増加に対し、日本政府は、アドバンスドパーシスタントスレット(APT)の脅威に関する情報を集約させたデータベースを構築して応戦する構えだ。それは国内のセキュリティ組織と外国政府との共有が可能となることを目指して設計される。

日本の経済ニュースサイト SankeiBiz によると、その 8 億円のプロジェクトの構築は、国内外の企業と政府機関の協力によって進められ、経済産業省の情報セキュリティ室によって調整される…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子)
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×