ネコに手錠:日本の警察、大量殺人のネット脅迫事件の容疑者を逮捕~逮捕された男「それは、まったく事実ではない」(The Register) | ScanNetSecurity
2021.06.24(木)

ネコに手錠:日本の警察、大量殺人のネット脅迫事件の容疑者を逮捕~逮捕された男「それは、まったく事実ではない」(The Register)

コンピュータを乗っ取られた 4 人の人々は、昨年の 7 月から 9 月にかけ、それぞれのコンピュータに対するフォンレジックが事実を明らかにするより前に逮捕された。

国際 TheRegister
日本の警察が、サイバー脅迫およびコンピュータハッキングで注目を集めていた事件(捜査の一環として、手がかりを求めた警察は猫を調査していた)の容疑者に手錠をかけた。警察は、猫の首輪から見つかったメモリースティックが逮捕に繋がったと話している。

しかしながら、既に 4 人もの無実の人々(アニメディレクターを含む)が、現在の容疑者に関連した事件で誤認逮捕されている。容疑者の男は、すべての罪を否認している。日本の新聞「読売新聞」が英語で報じたところによると、男は取り調べに対し「それは、まったく真実ではない(That's not true at all)」と抗議しているという…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子)

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×