データベース暗号化製品の定義と種類 (2) 市場規模と国内外動向 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

データベース暗号化製品の定義と種類 (2) 市場規模と国内外動向

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

企業や組織の機密情報を狙ったサイバー攻撃が国内外で多数報告される中で、重要データそのものの安全管理の必要性が増している。本稿では2回にわたって、データベース暗号化の現状をレポートする。

---

●データベース暗号化市場規模

データベース暗号化に限定した市場調査は見当たらないが、近い数字として、セキュリティソフトウェア市場についての調査がある。IDC Japan株式会社によると、2011年のセキュリティソフトウェア市場規模は1,856億円、前年比成長率3.6%。2011年~2016年の年間平均成長率は4.3%で、2016年には2,286億円と予測されている…

※本記事は有料版に全文を掲載します

《株式会社SOHOソリューションズ 代表取締役 関 明弘》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×