セキュリティ情報の事前通知、2月は「緊急」5件を含む12件を予定(日本マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

セキュリティ情報の事前通知、2月は「緊急」5件を含む12件を予定(日本マイクロソフト)

日本マイクロソフトは、2013年2月のセキュリティ情報の事前通知を発表した。セキュリティ情報の公開は2月13日で、12件のパッチ公開を予定している。内容は、最大深刻度「緊急」のものが5件、「重要」のものが7件。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
日本マイクロソフト株式会社は2月8日、2013年2月のセキュリティ情報の事前通知を発表した。発表によると、セキュリティ情報の公開は2月13日で、12件のパッチ公開を予定している。内容は、最大深刻度「緊急」のものが5件、「重要」のものが7件となっている。影響を受けるソフトウェアは、「緊急」ではMicrosoft Windows、Internet Explorer、Microsoft サーバソフトウェアとなっている。

「重要」では、Microsoft Windows、Microsoft Office、Microsoft サーバソフトウェア、Microsoft .NET Frameworkが影響を受けるとしている。脆弱性の影響は、「緊急」のすべてがリモートコード実行、「重要」はリモートコード実行、サービス拒否、権限の昇格となっている。なお、これらの適用時には、再起動が必要となる場合があるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×