「コードの欠陥を指摘したために大学から追放された」と学生が主張~カナダの大学は「過剰反応」を否定(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

「コードの欠陥を指摘したために大学から追放された」と学生が主張~カナダの大学は「過剰反応」を否定(The Register)

国際 TheRegister

大学で使用されていた管理ソフトウェアに、セキュリティホールがぽっかりと開いているのを確認したことによって学校を退学させられた、とカナダのコンピュータサイエンス科の学生が主張している。

モントリオール Dawson College の学生 Ahmed Al-Khabaz(20歳)が、大学の利用している Omnivox ソフトウェアにセキュリティホールを発見したのは、彼が友人と共に、彼らの記録にアクセスするための学生用モバイル・アプリの開発を進めていたときだった、と彼はカナダの新聞 National Post に話した。そのセキュリティホールは、大学が保有している学生の個人情報(たとえば社会保険番号、自宅住所、電話番号、クラススケジュール)へのフリーアクセスを可能とするものだった…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子)

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×