オフィスのIT機器を一元管理できるソフトウェアをバージョンアップ(Sky) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

オフィスのIT機器を一元管理できるソフトウェアをバージョンアップ(Sky)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

Sky株式会社は2月4日、クライアント運用管理ソフトウェアの最新版「SKYSEA Client View Ver.8.1」を開発、同日より販売を開始したと発表した。ユーザは無償でバージョンアップできる。同製品は、IT資産管理・ログ管理・デバイス管理・ポリシーに沿った運用支援などの機能をオールインワンで提供するソフトウェア。クライアントPCだけでなく、オフィスのIT機器を一元管理するソフトウェアとして進化している。

最新版では、Windows Server 2012でマスターサーバなどが利用になり、資産情報として管理可能なアプリケーションにMicrosoft Office 2013を追加した。また、MDMの対象OSとしてiPhone 5に対応した。さらに、管理権限のないPCからでも組織の資産情報をWebブラウザ上で閲覧することが可能になった。このほか、クライアントPCの電源ON、電源OFFに関するログの取得、印刷の利用制限、WebでのUSBデバイスの利用申請・承認、指定したコマンドをアラート発生時に自動実行する機能などが追加されている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×