オフィスのIT機器を一元管理できるソフトウェアをバージョンアップ(Sky) | ScanNetSecurity
2021.06.17(木)

オフィスのIT機器を一元管理できるソフトウェアをバージョンアップ(Sky)

Skyは、クライアント運用管理ソフトウェアの最新版「SKYSEA Client View Ver.8.1」を開発、販売を開始した。ユーザは無償でバージョンアップできる。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
Sky株式会社は2月4日、クライアント運用管理ソフトウェアの最新版「SKYSEA Client View Ver.8.1」を開発、同日より販売を開始したと発表した。ユーザは無償でバージョンアップできる。同製品は、IT資産管理・ログ管理・デバイス管理・ポリシーに沿った運用支援などの機能をオールインワンで提供するソフトウェア。クライアントPCだけでなく、オフィスのIT機器を一元管理するソフトウェアとして進化している。

最新版では、Windows Server 2012でマスターサーバなどが利用になり、資産情報として管理可能なアプリケーションにMicrosoft Office 2013を追加した。また、MDMの対象OSとしてiPhone 5に対応した。さらに、管理権限のないPCからでも組織の資産情報をWebブラウザ上で閲覧することが可能になった。このほか、クライアントPCの電源ON、電源OFFに関するログの取得、印刷の利用制限、WebでのUSBデバイスの利用申請・承認、指定したコマンドをアラート発生時に自動実行する機能などが追加されている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×