IT資産管理・情報漏えい対策ツールの新版、ネット非接続環境も統合管理(MOTEX) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.16(金)

IT資産管理・情報漏えい対策ツールの新版、ネット非接続環境も統合管理(MOTEX)

MOTEXは、IT資産管理・情報漏えい対策ツールの最新バージョン「LanScope Cat Ver.8.4」をリリースしたと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
エムオーテックス株式会社(MOTEX)は1月25日、IT資産管理・情報漏えい対策ツールの最新バージョン「LanScope Cat Ver.8.4」を同日リリースしたと発表した。最新版では、「マルウェア対策」「アプリケーション管理」「Webコンソール」の3点を徹底強化した。マルウェア対策(プロテクトキャット Powered by Cylance)では、インターネット非接続環境下においてもマルウェアの検知・隔離状況を収集し、統合管理を実現した。

アプリケーション管理では、インストールアプリのバージョン情報を取得することで、脆弱性があるバージョンか否かを判断するとともに、不正なアプリは強制的にアンインストールする。また、Webコンソールには新たにサマリーを追加、社内のセキュリティ状態を数値化したレポートを発行できる。誰でも同じ基準で判断ができるよう支援し、会社全体でセキュリティ対策に取り組む環境をつくることが可能としている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×