プラグイン・ハッキングの挑戦で、Pwn2Own の賞金が 56 万ドルに引き上げ~脚光を浴びる Adobe と Java(The Register) | ScanNetSecurity
2021.09.18(土)

プラグイン・ハッキングの挑戦で、Pwn2Own の賞金が 56 万ドルに引き上げ~脚光を浴びる Adobe と Java(The Register)

その一方で HPは、大会で使用されたエクスプロイトと、それを成功させたあとに用いられるテクニックの完全な詳細情報を求めている。それらはクラックされたソフトウェアの開発者たちと共有されるだろう。

国際 TheRegister
毎年恒例の CanSecWest セキュリティカンファレンスで開催される「Pwn2Own」ハッキングコンテストの主催者たちは、賞金総額を 560,000 USドルに引き上げた。現在、Adobe と Oracle のウェブプラグイン・ハッキングの挑戦を募る予定となっている。

携帯電話部門を昨年に中止した同コンテストは、ウェブプラグインのハッキング賞を追加した。Adobe Reader や Flash をクラックした出場者は 70,000 ドル、また Java の場合は 20,000 ドルを獲得する。最近の後者(Java)におけるセキュリティ分野の危ういパフォーマンスを考慮すれば、この賞金額の差は妥当と見なされるだろう…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子)

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×