Twitter、不正アクセスで 250,000 人分のメールアドレスとパスワードが漏洩~報道機関への攻撃に関連ありとの疑い(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

Twitter、不正アクセスで 250,000 人分のメールアドレスとパスワードが漏洩~報道機関への攻撃に関連ありとの疑い(The Register)

国際 TheRegister

もしも次回、あなたが Twitter へのログインを試みた際にパスワードが使えなかったとしても、あなたは一人ではない。オンライン攻撃(約 25 万人分のユーザーアカウントのデータを漏洩させた可能性がある)を受けた同サービスは、この金曜日、パスワードをリセットしたり、クッキーを無効にしたりと大忙しだった。

「我々は今週、通常と違うアクセスのパターンを検出した。それにより我々は、Twitter のユーザーデータへの不正アクセスの試みを確認することになった」。Twitter の情報セキュリティの責任者である Bob Lord は、ブログの記事に書いている…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子)

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×