各国政府からのユーザー情報開示リクエスト数を公開、前回調査より微増(Twitter) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

各国政府からのユーザー情報開示リクエスト数を公開、前回調査より微増(Twitter)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 Twitterは29日、各国政府などから送られてくる、ユーザー情報を開示するリクエスト数、コンテンツを非表示にするリクエスト数などに関するレポート「Twitter Transparency Report」(情報の透明性のための報告)を公開した。

 このレポートは、「政府からのユーザー情報を公開するリクエスト」「政府からのコンテンツを非表示にするリクエスト」「著作権保有者からのコンテンツ削除要請」を、2012年7~12月の期間について、集計したものとなっている。このレポートは昨年7月から始まったもので、年に2回更新されるとのこと。

 それによると、ユーザー情報公開リクエストは1009件で、前回(2012年1~6月)の849件より微増している。コンテンツに関する非表示リクエストは42件(前回6件)。著作権保有者からの要請は3268件(前回3378件)となっている。なおTwitterは、「法律に違反していない限りはユーザー情報の提供は行わない」という方針だとしている。

Twitter、政府からのユーザー情報公開要請数などを公表……昨年7月に続き2回目

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×