ディズニーワールドが大人たちに「まとめて清算できるストーカー手錠」をかける~キャッシュレスによる支払い、それは親により多くの現金を吐き出させる(The Register) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

ディズニーワールドが大人たちに「まとめて清算できるストーカー手錠」をかける~キャッシュレスによる支払い、それは親により多くの現金を吐き出させる(The Register)

出費を容易にすることは重要な動機だが、MyMagic+ はそのためだけに作られてはいない。人々がどのように園内を動き回るのか、彼らは何をして時間を費やすのか(我々の限られた理解によれば、主に待ち行列への参加)を追跡するためでもある。

国際 TheRegister
ディズニーワールドでは現在、RFID の導入を進めている。それはチケットや財布に代わって一度に清算できる(pay-by-bonk)リストバンドや、園内で名前入りの歓迎を受けたい人々に対して強化されたサービスを提供する。

MyMagic+ ――それぞれの来園者を識別する RFID リストバンド――の基本サービスは、来園者のファストパスを記録すること、そして来園者たちが何も考えずに買い物をするため(50ドル以上の買い物には PIN コードが必要)彼らのクレジットカードの詳細情報をアップロードすること、さらにディズニーが園内全域であなたのあとをつけまわし…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子)
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×