ウイルス感染の調査結果を公表、アドレスなどの個人情報漏えいの可能性(原子力機構) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

ウイルス感染の調査結果を公表、アドレスなどの個人情報漏えいの可能性(原子力機構)

原子力機構は、同機構のPCがウイルスに感染したことで情報が外部に漏えいした可能性があることについて、調査結果を発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
独立行政法人日本原子力研究開発機構(原子力機構)は1月18日、同機構のPCがウイルスに感染したことで情報が外部に漏えいした可能性があることについて、調査結果を発表した。これは2012年12月5日に発表したもので、調査結果によるとウイルスに感染した3台のPCのうち、1台からメールアドレス一覧が漏えいした可能性が高いことが確認された。

漏えいした可能性のあるメールアドレス一覧には、原子力機構外の個人情報(氏名、所属、メールアドレス)が含まれていた。なお、当該PC3台には核不拡散・核セキュリティ上重要な核物質管理に関する情報は格納されていないことを確認済だという。また、当該PC3台以外のPCへのウイルス感染の拡大は確認されなかった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×