Ruby off the Rails:重大なセキュリティホールが 240,000 のウェブサイトをリスクに晒す~いますぐアップデートしないと、あなたのアプリケーションサーバが誰でもシェルアクセス可能に(The Register) | ScanNetSecurity
2021.07.25(日)

Ruby off the Rails:重大なセキュリティホールが 240,000 のウェブサイトをリスクに晒す~いますぐアップデートしないと、あなたのアプリケーションサーバが誰でもシェルアクセス可能に(The Register)

しかし、これらのセキュリティホールが特に不快なのは、パッチが適用されるまでの間、その不安定なオープンソースのフレームワーク上で作動しているあらゆるアプリケーションが――砂上の城と満ちてくる潮のように――脆弱になることだ。

国際 TheRegister
人気のプログラミングフレームワーク Ruby on Rails には、2つの深刻な脆弱性がある――そのひとつは、この脆弱性の影響を受けるウェブアプリの稼働しているサーバ上で、誰もがコマンドを実行できるというものだ。

新たに発見された2つのバグは、どちらも Rails アプリケーションの利用者が入力した内容の解析と処理に関わっている…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子)

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×