「Java」の脆弱性に対応する緊急修正プログラムを公開(オラクル) | ScanNetSecurity
2021.09.19(日)

「Java」の脆弱性に対応する緊急修正プログラムを公開(オラクル)

 オラクルは14日(米国時間1月13日)、「Java」の脆弱性に対応する緊急修正プログラムを公開した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
 オラクルは14日(米国時間1月13日)、「Java」の脆弱性に対応する緊急修正プログラムを公開した。

 JDK and JRE 7 Update 10およびそれ以前のバージョンに、ウェブを閲覧することで任意のコード(命令)が実行される可能性がある脆弱性が存在するという。Oracle社から提供されている最新版(Version 7 Update 11 )に更新することで、複数の脆弱性が解消される。またJavaのセキュリティレベルが「中」から「高」にするよう初期設定が変更される。

 この脆弱性を利用した不正プログラムとしては、「Blackhole Exploit Kit(BHEK)」「REVETON」といった「身代金要求型不正プログラム(ランサムウェア)」の亜種を拡散させる「Cool Exploit Kit(CEK)」が、すでに確認されている。「REVETON」は、ユーザのコンピュータをロックした上で地元警察からを装う偽の警告文を表示し、“身代金”として200~300ドルの支払いを、ユーザに要求するものとなっている。

オラクル、Javaの脆弱性に対応した最新プログラムを緊急公開

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×