米国の核研究所、中国のネットワーキングキットを却下~ロスアラモスがセキュリティ上の懸念から H3C キットを捨てたとのレポート(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

米国の核研究所、中国のネットワーキングキットを却下~ロスアラモスがセキュリティ上の懸念から H3C キットを捨てたとのレポート(The Register)

もしそうであるなら、現在の H3C が HP の手中にあることを考慮すると、この措置は中国のネットワーク機器ベンダーに対する米国政府機関のパラノイアの新しいレベルを示すものだ。

国際 TheRegister
米国における複数の核兵器研究の拠点であるロスアラモス国立研究所(Los Alamos NationalLaboratory)が、セキュリティ上の懸念により、中国ベンダー H3C のネットワークキットを(別のものに)差し替えた、とhttp://www.reuters.com/article/2013/01/07/us-huawei-alamos-idUSBRE90608B20130107ロイターが報じた。

ロイターによると、この H3C デバイスの除去は、設備のサプライヤーによってもたらされるリスクに対する広い見直しの一環として行われたことを示唆する内部の対応文書が存在したものの…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子)
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×