海外現地法人などに向けた、標的型攻撃対策ソフトウェアの英語版を発売(FFRI) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.26(木)

海外現地法人などに向けた、標的型攻撃対策ソフトウェアの英語版を発売(FFRI)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社フォティーンフォティ技術研究所(FFRI)は1月11日、標的型攻撃対策ソフトウェア「FFR yarai」英語版の出荷を同日より開始したと発表した。本製品は、クラウド型レピュテーションなどの外部のリソースに頼ることなく、同社が独自に開発した4つのヒューリスティック検出エンジンにより、エンドポイント上のリソースのみを使用し、未知のマルウェアや脆弱性を利用した脅威をリアルタイムで検知・防御するソフトウェア。

海外現地法人の立ち上げ時など、脆弱なITインフラ上で業務を行わざるを得ない端末を保護するといった目的にも過剰な投資を必要とせず、高いレベルのセキュリティ対策を実現する。また、「FFR Enterprise Management Console」の英語版が付属しており、大規模環境にも対応する。販売は当面、国内の既存販売店経由で海外に拠点を持つ日系企業を中心に展開し、現地法人へと販売対象を拡大していくことを予定している。将来的には、現地法人との販売店契約も見据え、さらなる販売チャネルの拡大を目指すという。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×