インターポールとNEC、サイバーセキュリティ対策で提携(NEC、ラック、サイバーディフェンス、FFRI) | ScanNetSecurity
2020.10.22(木)

インターポールとNEC、サイバーセキュリティ対策で提携(NEC、ラック、サイバーディフェンス、FFRI)

インターポールとNECは、グローバルなサイバーセキュリティ対策で提携した。複雑で高度化するサイバー犯罪などを調査・分析し、国際レベルでのセキュリティ強化を目指す。

製品・サービス・業界動向 業界動向
国際刑事警察機構(インターポール)と日本電気株式会社(NEC)は12月18日、グローバルなサイバーセキュリティ対策で提携したと発表した。本提携は、インターポールの国際的なネットワークとNECのサイバーセキュリティソリューションにより、複雑で高度化するサイバー犯罪などを調査・分析し、国際レベルでのセキュリティ強化を目指すもの。

NECは、同施設内に設置される「インターポール・デジタル犯罪捜査支援センター(The INTERPOL Digital Crime Centre)」に、サイバーセキュリティに関する脅威情報を調査・分析し、新たな捜査手法を開発、トレーニングするためのシステムと要員を提供する。本提携の期間は3年間で、NECはサイバーセキュリティソリューションのパートナーである株式会社サイバーディフェンス研究所、株式会社ラック、株式会社フォティーンフォティ技術研究所(FFRI)とともに、Digital Crime Centreに約760万ユーロ相当となる、製品・ソリューションの提供およびサポート要員の派遣を行う。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×