過去に受信したメールとの特徴の違いから標的型メール攻撃を検知・警告(NTTソフトウェア) | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

過去に受信したメールとの特徴の違いから標的型メール攻撃を検知・警告(NTTソフトウェア)

NTTソフトウェアは、急増する標的型メール攻撃を検知・警告する新機能を搭載したメールセキュリティ対策ソフトウェア「CipherCraftCipherCraft/Mail」シリーズの新製品を12月17日より販売開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
NTTソフトウェア株式会社は11月26日、急増する標的型メール攻撃を検知・警告する新機能を搭載したメールセキュリティ対策ソフトウェア「CipherCraftCipherCraft/Mail」シリーズの新製品を12月17日より販売開始すると発表した。価格は100ユーザライセンスで380,000円。

本製品では、ユーザが日々受信するメールの履歴情報を収集・蓄積し、過去に受信したメールとの特徴の違い、送信ドメイン認証の結果などを独自エンジンで分析する。その結果、受信メールが標的型メールである可能性を検知した場合には隔離を行い、リアルタイムなポップアップ通知によりユーザへ注意を促す。また、メール内容のどの部分に不審な点があるかをわかりやすく表示し、適切な対処方法を案内する。これにより、標的型メール攻撃に対するユーザ意識を向上させ、組織におけるセキュリティ対策のひとつとして耐性レベルを強化・底上げすることで情報漏えいのリスクを低減できるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×