次世代ファイアウォール向け監視サービスの販売で協業(GSX、デル、マクニカネットワークス) | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

次世代ファイアウォール向け監視サービスの販売で協業(GSX、デル、マクニカネットワークス)

GSXは、次世代ファイアウォール向け監視サービス「EAGLE TEAM SERVICE for Dell SonicWALL」のサービスを開始した。また、GSX、デルおよびマクニカネットワークスが本サービスの販売について協業を開始した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)は11月20日、次世代ファイアウォール向け監視サービス「EAGLE TEAM SERVICE for Dell SonicWALL」を同日よりサービス開始したと発表した。また、GSX、デル株式会社およびマクニカネットワークス株式会社が本サービスの販売について協業を開始した。

「EAGLE TEAM SERVICE for Dell SonicWALL」は、セキュリティシステムの監視からインシデントが発生した場合の緊急対応までをサポートするマネージドセキュリティサービスの総称。24時間365日対応の監視やエキスパートによる対応などが特徴となっている。3社は今後、次世代ファイアウォール「Dell SonicWALL」をすでに導入されているユーザや、これから導入を予定している企業などへ共同で販売を推進していくという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×