「Facebookの色を変えよう」、ソーシャルネットワークで広がる新しい詐欺について注意喚起(ソフォス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

「Facebookの色を変えよう」、ソーシャルネットワークで広がる新しい詐欺について注意喚起(ソフォス)

脆弱性と脅威 脅威動向

 ソフォスは15日、ソーシャルネットワークで広がる新しい詐欺として、“Facebook Black”について注意喚起する文章を公開した。

 それによると、現在Facebookの基調色となっている青を、別の色に変更できるとするメッセージと画像が、この数日間で急激に流行しているという。これらのメッセージや画像は、自分のアカウントのニュースフィードに、Facebookの友人によってシェアされた、または、イベントへの招待によって広められたものとして表示される。しかし、そこにあるリンクをクリックすると、ユーザーはFacebookと異なる、別のWebサイトに誘導されることになる。

 ソフォスがテストアカウントを用いて調査を行い、このリンクをクリックしたところ、いくつかのWebサイトにリダイレクトされた後に、最終的に「Change your Facebook Color(Facebookの色を変えよう)」というタイトルのページが表示された。

 そこでは、Facebookの基調色を変えることができるとして、使用条件の同意を求め、そのうえでオンラインのアンケートに参加する必要があるという画面が表示される。これにより、詐欺師はアフィリエイト報酬を得ることができるとソフォスでは推測している。またそのページには、他の詐欺で利用された文言が残っているなど、以前のページを再利用している痕跡があったとしている。

 また、その際に、不正アプリケーションをインストールしたり、アクセス許可を与えたりしてしまう可能性があるとして、こういったリンクをクリックした場合は、アプリケーションの許可や公開範囲を確認し、Facebookに報告するよう推奨している。

“黒いFacebook”とは?……新しいネット詐欺が流行、ソフォスが注意喚起

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×