Webサービス事業者向けソリューション、利用者のWebブラウザを保護(FFRI) | ScanNetSecurity
2021.06.17(木)

Webサービス事業者向けソリューション、利用者のWebブラウザを保護(FFRI)

FFRIは、従来型脅威であるID・パスワードの搾取や新しい脅威であるMITB攻撃からWebブラウザを保護する、Web Browsser Protection「FFRI Limosa」の出荷を11月20日より開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社フォティーンフォティ技術研究所(FFRI)は11月16日、従来型脅威であるID・パスワードの搾取や新しい脅威であるMITB(Man in the Browser)攻撃からWebブラウザを保護する、Web Browsser Protection「FFRI Limosa」の出荷を11月20日より開始すると発表した。本製品は、オンラインバンキングを提供する金融機関やEC事業者、SNSなどのWebサービス事業者などが管理するWebサーバへ設置するもの。

これにより、サービス利用者がログイン時に自動的にWebブラウザへ適用され、従来型脅威であるID・パスワードの搾取を防御するだけでなく、新しい脅威であるMITB攻撃からもWebブラウザを保護する。複雑なユーザ操作を必要とせず、ユーザが特定のWebサイトにアクセスした際に、自動的にWebサーバから「FFRI Limosa」が配布されてWebブラウザへ適用され、Webブラウザを保護します。ソフトウェアベースのため低コストで導入できることも特徴。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×