【RISCON12】大人4人が入れる球体の防災シェルター「ライフアーマー」を出品(ポンド) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.22(水)

【RISCON12】大人4人が入れる球体の防災シェルター「ライフアーマー」を出品(ポンド)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

自動車部品やエアロパーツを製造する中小企業のポンド(本社・大分県別府市)は、9月に完成したばかりの製品を出品した。「ライフアーマー」(命の鎧)と名付けられた球体の防災シェルターだ。

「開発のきっかけは東日本大震災です。非難タワーをつくるには結構なお金がかかるし、ランニングコストも発生します。弊社がこれまで培ってきた技術を使って、手軽で安く、そのうえ防災機能が優れたものをつくってみようとなったのです」と同社関係者は説明する。

完成したライフアーマーは直径120cm、重量は約80kg。大人4人が入れる大きさだそう。製品化に向けてはさまざまな試験を重ねた。例えば強度テスト。トヨタ車体研究所に依頼し、600tのプレス機を使って圧縮テストを行った。結果は、住宅が倒壊するといわれる8tの圧力テストも軽々クリア、9.3tで微妙なクラックが入る程度だった。また、大人4人分のウエートを積んだ水面落下テストでも、高さ25mから落として無傷だったという。

価格は39万8000円。地元ではこの製品に対する反響が非常に大きく、同社では公園や幼稚園向けに大人4人と子ども20人が入れる大型のものを現在開発しているとのこと。

【RISCON12】大分の自動車部品メーカー、球体の防災シェルターを出品

《山田清志@レスポンス》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

研修・セミナー・カンファレンス カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 脆弱性診断サービスはどこまで標準化できるのか(SHIFT SECURITY)

    脆弱性診断サービスはどこまで標準化できるのか(SHIFT SECURITY)

  2. [今週開催] 日本発の国際サイバーセキュリティ会議 CODE BLUE 2017、三つの挑戦

    [今週開催] 日本発の国際サイバーセキュリティ会議 CODE BLUE 2017、三つの挑戦

  3. 京王電鉄のサイバーセキュリティ、2005年の契機

    京王電鉄のサイバーセキュリティ、2005年の契機

  4. サイバー犯罪対策、産学官連携の成果 -- JC3 間仁田氏報告

  5. DMARCの国内ISP導入事例

  6. 総務省の「自治体情報システム強靱性向上」、その成果と新たな課題

  7. 企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第5回「知らないと困る?! 認証局とHTTPSの最新動向」について語る

  8. 2017年8月25日 名和利男の目に映った光景

  9. 企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第4回「サイバー攻撃最前線2017」について語る

  10. 企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第3回「転ばぬ先のIoTセキュリティ~コウカイする前に知るべきこと~」について語る

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×