Huawei、米国の調査は「あらかじめ結論を決めていた」と主張〜議会はセキュリティ・リスクの「明らかな情報も証拠も」見つけていないと主張(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.25(金)

Huawei、米国の調査は「あらかじめ結論を決めていた」と主張〜議会はセキュリティ・リスクの「明らかな情報も証拠も」見つけていないと主張(The Register)

国際 TheRegister

Huaweiが、米下院の情報問題委員会が報告書で、同社をプライバシーやセキュリティを尊重するなら、米国の企業が避けるべき企業と決めつけたことに対し、反撃している。

ありがちな声明で同社は「…我々の最善の努力にも関わらず、委員会はあらかじめ決められた結論を表明したようだ。」と述べている…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×