犯行予告に使われたマルウェア、国内メディアは「遠隔操作ウイルス」と命名 他(ダイジェストニュース) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

犯行予告に使われたマルウェア、国内メディアは「遠隔操作ウイルス」と命名 他(ダイジェストニュース)

製品・サービス・業界動向 ダイジェストニュース

スパムを配信するTrojan.Proxy.23012(Dr.WEB)
http://news.drweb.co.jp/show/?i=568&lng=ja&c=2

多くの機能を詰め込んだ JavaScript ワーム(シマンテック:ブログ)
http://www.symantec.com/connect/blogs/javascript

犯行予告に使われたマルウェア、国内メディアは「遠隔操作ウイルス」と命名(シマンテック:ブログ)
http://www.symantec.com/connect/blogs-16

W32.Phopifas、釣りリンクで 250 万回以上のクリックを誘導(シマンテック:ブログ)
http://www.symantec.com/connect/blogs/w32phopifas-250

ソフトウェア産業の急速な進化と変革を受けブランドアイデンティティを一新(BSA)
http://www.bsa.or.jp/press/release/2012/1011.html
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×