米国標準技術局が公式SHA-3として次世代ハッシュアルゴリズムKeccakを選出〜6年目にして決定(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.20(木)

米国標準技術局が公式SHA-3として次世代ハッシュアルゴリズムKeccakを選出〜6年目にして決定(The Register)

このハッシュ・テクニックはデジタル署名で使用されており、ソフトウェア・ダウンロードのコンテンツや他の暗号アプリケーションが不正操作されていないことが確認できる。

国際 TheRegister
米国政府機関が暗号ハッシュ関数Keccakを、新たな公式SHA-3アルゴリズムとして選出した。

米国標準技術局(NIST)による、SHA-1およびSHA-2の代わりとして同システムを選ぶという決定で、6年間のコンペティションプロセスに終止符が打たれた。サイバーグールーBruce SchneierのSkeinなど、最終的に5つのアルゴリズムが候補に残っていた…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×