SHA-3ハッシュの最終候補Schneierが暗号コンペの停止を求める〜アルゴリズムコンテストは「受賞無し」がベストとBruce(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

SHA-3ハッシュの最終候補Schneierが暗号コンペの停止を求める〜アルゴリズムコンテストは「受賞無し」がベストとBruce(The Register)

国際 TheRegister

米政府機関が、5つの候補アルゴリズムのうち、どれがSHA-1およびSHA-2に代わる新たなハッシュ関数SHA-3となるかを、間もなく発表する。SHA-2はSSLやSSHからPGP、IPsecまで、さまざまなセキュリティ技術のキーコンポーネントで、特定の米国政府アプリケーションでは法律により使用される必要がある。

勝利をおさめたアルゴリズムを挙げるという米国立標準技術研究所の決定は、6年間のコンペが終わりを迎えたことを意味する。

しかし、候補に挙がっているソフトウェア作者の一人である暗号専門家Bruce Schneierは、自身のものも含めた5つの関数がすべて見送られることを希望している…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×