SHA-3ハッシュの最終候補Schneierが暗号コンペの停止を求める〜アルゴリズムコンテストは「受賞無し」がベストとBruce(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.16(金)

SHA-3ハッシュの最終候補Schneierが暗号コンペの停止を求める〜アルゴリズムコンテストは「受賞無し」がベストとBruce(The Register)

競合している暗号専門家チームは、ライバルのアルゴリズムを破るか、少なくとも潜在的な欠陥を明らかにする試みを行うよう推奨された。

国際 TheRegister
米政府機関が、5つの候補アルゴリズムのうち、どれがSHA-1およびSHA-2に代わる新たなハッシュ関数SHA-3となるかを、間もなく発表する。SHA-2はSSLやSSHからPGP、IPsecまで、さまざまなセキュリティ技術のキーコンポーネントで、特定の米国政府アプリケーションでは法律により使用される必要がある。

勝利をおさめたアルゴリズムを挙げるという米国立標準技術研究所の決定は、6年間のコンペが終わりを迎えたことを意味する。

しかし、候補に挙がっているソフトウェア作者の一人である暗号専門家Bruce Schneierは、自身のものも含めた5つの関数がすべて見送られることを希望している…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×