標的型メール攻撃にも対応するトータルセキュリティソリューション(キーウェア) | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

標的型メール攻撃にも対応するトータルセキュリティソリューション(キーウェア)

キーウェアは、トータルセキュリティソリューション「Guard-Zone」の国内販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
キーウェアソリューションズ株式会社(キーウェア)は9月10日、トータルセキュリティソリューション「Guard-Zone」の国内販売を開始したと発表した。Guard-Zoneは、オンラインおよびオフラインメディア上で起こりえるデータ漏えいの制限、監視・コントロールができるトータルセキュリティソリューション。標的型メール攻撃にも対応でき、これまで海外の大手企業への実績がある。

本ソリューションでは、メールやP2Pなどのオンラインメディアと、OSやドライバ、ポートレベルの情報などのオフラインメディアの監視・コントロールを可能にするもの。また、ユーザの認証権限に応じたセキュリティポリシーの設定と既存資産(Active Directory等)との連係を可能にする。管理者以外のプロセス停止の制限も可能。これによりセキュリティ管理者は、場所を選ばずにアクセスできるWebベースの統合コンソールを使用して、企業に潜在している機密情報の流出を防ぐ出口対策が可能になる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×