標的型メール攻撃にも対応するトータルセキュリティソリューション(キーウェア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

標的型メール攻撃にも対応するトータルセキュリティソリューション(キーウェア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

キーウェアソリューションズ株式会社(キーウェア)は9月10日、トータルセキュリティソリューション「Guard-Zone」の国内販売を開始したと発表した。Guard-Zoneは、オンラインおよびオフラインメディア上で起こりえるデータ漏えいの制限、監視・コントロールができるトータルセキュリティソリューション。標的型メール攻撃にも対応でき、これまで海外の大手企業への実績がある。

本ソリューションでは、メールやP2Pなどのオンラインメディアと、OSやドライバ、ポートレベルの情報などのオフラインメディアの監視・コントロールを可能にするもの。また、ユーザの認証権限に応じたセキュリティポリシーの設定と既存資産(Active Directory等)との連係を可能にする。管理者以外のプロセス停止の制限も可能。これによりセキュリティ管理者は、場所を選ばずにアクセスできるWebベースの統合コンソールを使用して、企業に潜在している機密情報の流出を防ぐ出口対策が可能になる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×