標的型メール攻撃にも対応するトータルセキュリティソリューション(キーウェア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.15(月)

標的型メール攻撃にも対応するトータルセキュリティソリューション(キーウェア)

キーウェアは、トータルセキュリティソリューション「Guard-Zone」の国内販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
キーウェアソリューションズ株式会社(キーウェア)は9月10日、トータルセキュリティソリューション「Guard-Zone」の国内販売を開始したと発表した。Guard-Zoneは、オンラインおよびオフラインメディア上で起こりえるデータ漏えいの制限、監視・コントロールができるトータルセキュリティソリューション。標的型メール攻撃にも対応でき、これまで海外の大手企業への実績がある。

本ソリューションでは、メールやP2Pなどのオンラインメディアと、OSやドライバ、ポートレベルの情報などのオフラインメディアの監視・コントロールを可能にするもの。また、ユーザの認証権限に応じたセキュリティポリシーの設定と既存資産(Active Directory等)との連係を可能にする。管理者以外のプロセス停止の制限も可能。これによりセキュリティ管理者は、場所を選ばずにアクセスできるWebベースの統合コンソールを使用して、企業に潜在している機密情報の流出を防ぐ出口対策が可能になる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで  Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★

創刊 20 周年の感謝と御礼をこめ、通常年間 23,333 円(税抜) で提供されるScan PREMIUM ライセンスを、半額以下である 9,900 円(税抜)で 提供するキャンペーンを、11 月末日まで実施します。

×