銀行、Webサイトのメガハックで100万アカウントがリーク〜(シェル)コマンドで地獄へ真っ逆さま(The Register) | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

銀行、Webサイトのメガハックで100万アカウントがリーク〜(シェル)コマンドで地獄へ真っ逆さま(The Register)

セキュリティ企業Impervaによる今回のハッキングの分析で、漏洩の大部分がSQLインジェクション攻撃を利用して行われたことが分かった。

国際 TheRegister
ハッカー集団Team GhostShellがこの週末、100のWebサイトからの100万以上のユーザー・アカウント記録のキャッシュをリークした。

同グループは、ハクティビストAnonymousの系列に属しており、パスワードとドキュメントをリークする目的で、銀行、米国政府機関、コンサルタント会社が保持するデータベースに侵入したと主張している。盗まれたデータの一部には、銀行の顧客の信用履歴などが含まれており、多くのファイルがコンテンツ・マネジメントシステムから引き出された…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×