ゴールドマン・サックスで電子メール・マペット・ハンティング〜「有害で破壊的」なリークがグレップ騒動を引き起こす(The Register) | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

ゴールドマン・サックスで電子メール・マペット・ハンティング〜「有害で破壊的」なリークがグレップ騒動を引き起こす(The Register)

より厳しい金融規制は、ゴールドマン・サックスが実行を強いられたような電子メールの徹底調査が将来、より通常のものとなる可能性が高いことを意味していると言う。

国際 TheRegister
ゴールドマン・サックスが、同マーチャント・バンクには「有害で破壊的」なカルチャーが存在すると前上級職員が告発したことを受け、企業メールの調査に乗り出した。

同行の前役員Greg Smithは、職員が内部メールのやり取りで、クライアントをこっそり「マペット(間抜け)」呼ばわりしているほか、他のビジネスエチケットでも違反を犯していると主張している。

ゴールドマン・サックスに12年間勤務した後、New York Timesに3月14日に掲載された論説記事で、Smithは手厳しい批判を行っている…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×