「FortiManager」など3製品の新ハードウェアプラットフォームを発表(フォーティネット) | ScanNetSecurity
2021.09.26(日)

「FortiManager」など3製品の新ハードウェアプラットフォームを発表(フォーティネット)

フォーティネットは、「FortiManager」「FortiAnalyzer」「FortiMail」の新ハードウェアプラットフォームを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
フォーティネットは8月28日、「FortiManager」「FortiAnalyzer」「FortiMail」の新ハードウェアプラットフォームを発表した。FortiManagerは、フォーティネットのセキュリティ基盤を管理および制御する一元的な管理アプライアンス。FortiAnalyzerはネットワークのロギング、分析、およびレポート機能が統合された製品。FortiMailは、メッセージングセキュリティのためのプラットフォームとなっている。

「FortiManager-200D」は、「FortiManager-100C」プラットフォームと比較して50%以上の多くのデバイスを一元的に管理することが可能になり、4倍のメモリを搭載した。また「FortiAnalyzer-200D」は、「FortiAnalyzer-100C」と比較してログの処理能力を30%向上、接続できるデバイス数も50%増加した。さらに「FortiMail-200D」は、「FortiMail-100C」と比較してメッセージ処理で2倍以上のパフォーマンスを実現している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×