「FortiManager」など3製品の新ハードウェアプラットフォームを発表(フォーティネット) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.24(水)

「FortiManager」など3製品の新ハードウェアプラットフォームを発表(フォーティネット)

フォーティネットは、「FortiManager」「FortiAnalyzer」「FortiMail」の新ハードウェアプラットフォームを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
フォーティネットは8月28日、「FortiManager」「FortiAnalyzer」「FortiMail」の新ハードウェアプラットフォームを発表した。FortiManagerは、フォーティネットのセキュリティ基盤を管理および制御する一元的な管理アプライアンス。FortiAnalyzerはネットワークのロギング、分析、およびレポート機能が統合された製品。FortiMailは、メッセージングセキュリティのためのプラットフォームとなっている。

「FortiManager-200D」は、「FortiManager-100C」プラットフォームと比較して50%以上の多くのデバイスを一元的に管理することが可能になり、4倍のメモリを搭載した。また「FortiAnalyzer-200D」は、「FortiAnalyzer-100C」と比較してログの処理能力を30%向上、接続できるデバイス数も50%増加した。さらに「FortiMail-200D」は、「FortiMail-100C」と比較してメッセージ処理で2倍以上のパフォーマンスを実現している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×