「FortiManager」など3製品の新ハードウェアプラットフォームを発表(フォーティネット) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

「FortiManager」など3製品の新ハードウェアプラットフォームを発表(フォーティネット)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

フォーティネットは8月28日、「FortiManager」「FortiAnalyzer」「FortiMail」の新ハードウェアプラットフォームを発表した。FortiManagerは、フォーティネットのセキュリティ基盤を管理および制御する一元的な管理アプライアンス。FortiAnalyzerはネットワークのロギング、分析、およびレポート機能が統合された製品。FortiMailは、メッセージングセキュリティのためのプラットフォームとなっている。

「FortiManager-200D」は、「FortiManager-100C」プラットフォームと比較して50%以上の多くのデバイスを一元的に管理することが可能になり、4倍のメモリを搭載した。また「FortiAnalyzer-200D」は、「FortiAnalyzer-100C」と比較してログの処理能力を30%向上、接続できるデバイス数も50%増加した。さらに「FortiMail-200D」は、「FortiMail-100C」と比較してメッセージ処理で2倍以上のパフォーマンスを実現している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×