定義ファイルのアップデートにより一部で不具合が発生、最新の定義ファイルでトラブルは解消(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

定義ファイルのアップデートにより一部で不具合が発生、最新の定義ファイルでトラブルは解消(マカフィー)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

 マカフィーは22日、個人向けアンチウイルス製品および企業向けの「McAfee VirusScan Enterprise」において、定義ファイルのアップデートにより、一部で不具合が発生したことを発表した。

 問題を引き起こす可能性がある定義ファイルは、18日に配信された「6807」「6808」。インターネットサービスへ繋がらない、および機能に問題を起こす不具合が発生するという。

 最新の定義ファイル「6809」により、トラブルは解消されるとのこと。個人では、McAfee製品をアンインストールし、Webから製品を再インストールすることで、ネットに接続可能となる。法人では、定義ファイルの最新版(DAT 6809以上)を確実にインストールすることで解消される。定義ファイル6807と6808を適用した場合は、最新版のDAT 6809以上の適用と、さらにHotfixを適用する必要がある。

マカフィー、ウイルス定義ファイルのアップデートで不具合

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×