OAuth 2.0標準のエディターが退陣し仕様から氏名を削除〜同プロトコルはエンタープライズ級のゴミと語る(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

OAuth 2.0標準のエディターが退陣し仕様から氏名を削除〜同プロトコルはエンタープライズ級のゴミと語る(The Register)

しかしHammerによれば、これらの実装のどれ一つとして、他との相互運用可能でない恐れがあるという。OAuth 2.0のスペックがあまりにも幅広く、ほとんど無制限の拡張を許すためだ。

国際 TheRegister
OAuth 2.0ネットワーク認可標準の主要作者でありエディターである人物が、その役割から退き、仕様書から自分の名前を取り下げ、同ワーキンググループから去った。同仕様の現行バージョンを、「自分のキャリアの中で最大の失望」と語っている。

Eran HammerはOAuth 1.0の仕様作成のサポートを行った人物で、この3年間、現在展開中の2.0の仕様を改訂してきた。彼は6月に役割から退いたが、その理由が公になったのは木曜日(編集部註:2012年7月26日)のことだ…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×