OAuth 2.0標準のエディターが退陣し仕様から氏名を削除〜同プロトコルはエンタープライズ級のゴミと語る(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.18(日)

OAuth 2.0標準のエディターが退陣し仕様から氏名を削除〜同プロトコルはエンタープライズ級のゴミと語る(The Register)

国際 TheRegister

OAuth 2.0ネットワーク認可標準の主要作者でありエディターである人物が、その役割から退き、仕様書から自分の名前を取り下げ、同ワーキンググループから去った。同仕様の現行バージョンを、「自分のキャリアの中で最大の失望」と語っている。

Eran HammerはOAuth 1.0の仕様作成のサポートを行った人物で、この3年間、現在展開中の2.0の仕様を改訂してきた。彼は6月に役割から退いたが、その理由が公になったのは木曜日(編集部註:2012年7月26日)のことだ…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×