携帯端末の価値は「107,479円」で悪用のリスクも、対策を呼びかけ(マカフィー) | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

携帯端末の価値は「107,479円」で悪用のリスクも、対策を呼びかけ(マカフィー)

マカフィーは、携帯電話が紛失・盗難された際のリスクについてブログで検証を行っている。

脆弱性と脅威 脅威動向
マカフィー株式会社は8月9日、携帯電話が紛失・盗難された際のリスクについてブログで検証を行っている。携帯電話がサイバー犯罪者の手に渡った場合、端末に保存された写真、メール、テキストメッセージ、アプリケーションなどは、サイバー犯罪者にとってユーザの個人情報、プライバシー、銀行口座にまでアクセスするためのキッカケになってしまう。

同社では携帯端末の価値として、平均購入価格「45,835円」、お財布機能のチャージ金額「50,000円以上」、ICカード乗車券のチャージ金額「10,644円」の合計「107,479円」と算出している。さらに、携帯電話の交換にかかる費用は「134,721円」、コンテンツの復元や入れ替えにかかる時間は18時間としており、対策の強化を呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×