大量スパムをまねいた漏洩に関しDropboxがスタッフのパスワード再利用を非難〜盗まれたログインがハッカーの金儲けのタネに(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

大量スパムをまねいた漏洩に関しDropboxがスタッフのパスワード再利用を非難〜盗まれたログインがハッカーの金儲けのタネに(The Register)

国際 TheRegister

WebストレージサービスDropboxが、ハッキングされたWebサイトで仕事用パスワードを再利用していた従業員がいたことが原因で、同社ユーザーの電子メールアドレスがスパマーの手に渡ったことを認めた。

2週間前、ユーザーたちがDropboxアカウントのみで使用しているアドレスで、ギャンブル・サイトを宣伝する迷惑メールを山のように受け取ったことから、同オンラインストレージ・サービスで漏洩が起こったのではないかという疑いが浮上した。

同社は調査を開始し、こうした懸念に根拠があることを確認した…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×