Windows 8のRTMが完成、OEMパートナー向けに出荷開始(米マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.16(火)

Windows 8のRTMが完成、OEMパートナー向けに出荷開始(米マイクロソフト)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米マイクロソフトは1日(現地時間)、Windowsの次期バージョンであるWindows 8のRTMが完成し、OEMパートナー向けに出荷を開始したと発表した。

 RTMは「Release To Manufacturing」の略で、「製造工程向けリリース」のこと。つまり、開発としてはテストを含めて全て完了したことを意味する。RTMの提供を受けたOEMパートナーはそのRTM版Windows 8をPCやタブレットにプリインストールして製造し、一般ユーザーへの発売に向けて準備することになる。

 Windows 8の一般向けの発売は10月26日となっている。2012年6月2日~2013年1月末までにWindows 7搭載PCやDSP版を購入したユーザーには14.99ドルで、Windows XP/Vista/7のユーザーには39.99ドルでアップグレードが可能となっており、これまでのWindowsよりもスムーズに乗り換えが進むとみられる。

Windows 8のRTMが完成、OEMパートナーに出荷開始

《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×