一流スパイ:ISPブラックボックスは英国のWebスパイ計画のカギではないと語る〜GoogleやFacebook、Twitterがユーザーのデータを引き渡すことを期待(その2)(The Register) | ScanNetSecurity
2020.10.24(土)

一流スパイ:ISPブラックボックスは英国のWebスパイ計画のカギではないと語る〜GoogleやFacebook、Twitterがユーザーのデータを引き渡すことを期待(その2)(The Register)

Farrは、現在スパイや警察が入手できない情報が、およそ25%不足していると語った。そして、そのようなデータでは、どのくらいの割合いで隠蔽が含まれるか問われた。

国際 TheRegister
『必要性と相当性』の主張が用いられる

Farrは委員会に、英国では平均的な殺人捜査のため、500から1,000の通信データ要請が行われると語った。さらに、犯罪者は警察やスパイにかぎつけられないよう、複数の通信デバイスを使用し、たとえば定期的に携帯電話を捨てると説明した。

議会により現行の形式で無事通過した場合、法律的に本来の目的を超えて使用される可能性があるのではないかと問われると、Farrは次のように述べた…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×