プライバシーの最高権威、スマートメーターは「大規模監視」技術であると指摘〜EUのお目付役が消費者保護のデータ法を要求(The Register) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

プライバシーの最高権威、スマートメーターは「大規模監視」技術であると指摘〜EUのお目付役が消費者保護のデータ法を要求(The Register)

英国のエネルギー・気候変動省はこの方向で歩を進めており、収集したデータはサード・パーティには共有されないことを約束しているほか、盗難防止の為の適切なセキュリティを要求しているが、それさえも、EDPSによる制限の不足という示唆を回避するには十分ではない。

国際 TheRegister
EUデータ保護監視官(EDPS)は、スマートメーターがプライバシーに対する重大な脅威であると警告し、手遅れにならないうちに顧客データの保存および使用を制限したいという考えを示した。

EDPSは、EUの方針がプライバシーに対するリスクとなる可能性を特定する役割を担う、独立系の権威者だ。家庭内の電気使用を正確にモニターする次世代型メーターは、早急に彼の懸念に対処しないかぎり、調査対象となる可能性が非常に高いと考えている…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×