ユーザーは依然としてパスワードにルーズとTrustwaveが語る〜eHarmonyの分析からみな気にしていないことが判明(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

ユーザーは依然としてパスワードにルーズとTrustwaveが語る〜eHarmonyの分析からみな気にしていないことが判明(The Register)

eHarmonyのパスワード・ストレージは、加工されていないMD5フォーマットだったばかりでなく、大文字と小文字の区別をしておらず、パスワードのクラッキングに要する時間が短縮される結果となった。

国際 TheRegister
TrustwaveのSpiderLabsが、今月(編集部註:2012年6月)のeHarmonyの情報漏洩でインターネット上にダンプされたパスワードの分析を完了し、ほんのわずかな人しかパスワードの強度について気にしていないという、気の滅入るような結論に達した。

ダンプファイルのパスワード150万のうち80パーセントを回復した結果、「特殊文字」を含んでいたのはたった0.5パーセントに過ぎず、41パーセントはアルファベットのみ、57パーセントはアルファベットと数字の組み合わせを使用していた…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×